ベータカロチン(βカロテン)の効果

野菜などに含まれるベータカロチン(βカロテン)は、
抗酸化作用はもとより、体内でのプロビタミンAとしての効能もあります。
βカロテンのサプリメントも多く販売されていまので、
不足しないように上手に摂取しましょう。

βカロテンとは

にんじんやほうれん草などの野菜、植物性食品に多く含まれているベータカロチン(βカロテン)は、ビタミンAではありません。

体内で必要な分だけ、ビタミンAに変換されるので勘違いされがちですが、違う栄養素です。

βカロテンには、ビタミンAとしての副作用が出にくいので、妊婦さんや授乳中の方などの過剰摂取による副作用が気になる方は、必ずベータカロチンで摂取するようにしましょう。

βカロテン(ベータカロチン)の効能の解説

いろいろなベータカロチンの効果を紹介しています。

抗酸化作用

ベータカロチンには強い孔酸化作用がありますので、その効果で身体の酸化を食い止めます。
βカロテンには、酸化が原因で起こるさまざまな疾病への効能や、しみや詩話などにも効果があります。ビタミンEなどの他の抗酸化物質とも協力しています。

プロビタミンAとしての効能

ベータカロチンは、体内で必要なだけビタミンAに変換されるので、当然ながらその効果も持っています。
乾燥肌の改善や、視力を高めてくれたり、子供の健全な成長に欠かせなかったりと、βカロテンは、ビタミンAの効果をすべて持っています。

動脈硬化の予防

ベータカロチンは、悪玉コレステロールを減らし、血中脂質を正常にする作用により、動脈硬化や心筋梗塞といった疾病を予防します。

βカロテンの解説サイトの紹介。

【βカロテン(ベータカロチン)の効果】とサプリメント比較。

プロビタミンAとしての働きや、抗酸化作用などのベータカロチンの効能を詳しく解説しています。

βカロテンはプロビタミン

βカロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換される、プロビタミンAです。 プロビタミンには他にもDがあります。

最近、Cもあるといわれていますが、人工的に作られたものなのでプロビタミンとは呼ぶことができません。

プロビタミンAであるベータカロチンのメリットは、脂溶性であるビタミンAの副作用を気にする事がないということです。まさに、魔法の栄養素といえるでしょう。

栄養素の解説に戻る。

Copyright(C)2004 「アドバイザーが教える、サプリメントの選び方講座。」 All rights reserved.