コンドロイチンの軟骨再生力。

なんといっても、コンドロイチンの一番の効果は、軟骨の保護です。
グルコサミンが軟骨を再生するのと違い、
コンドロイチンは軟骨を守って保護してくれるのです。

コンドロイチンとは

軟骨とかかわりの深いコンドロイチンは、正確に言うと食物繊維の仲間です。

私たちの体の中でも作られる栄養素ではありますが、年齢と共に作られる量が減少し、それと共に軟骨が減っていってしまいます。

軟骨だけでなく、他にも、目の健康や、美肌効果など、私たちに有用な作用がたくさんある栄養素です。

コンドロイチンの効果の解説

では、どのような効果がコンドロイチンにあるのか紹介します。
しっかり学び、上手に効能を利用しましょう。

軟骨の保護

軟骨の重要な組織であるプロテオグリカンを作り出すことで、軟骨の減少を防ぎ、生成を助けてくれます。

血管を強くします。

コンドロイチンは、コレステロールの増加を防ぐ効果があります。これにより、血管が若さを保つことができます。

目の健康に役立つ。

実は、目は豊富にコンドロイチンを含んでいます。不足すると様々な症状を引き起こしてしまいます。目には、ヒアルロン酸も多く存在しています。

抵抗力を高めます

コンドロイチンが豊富に存在すると、細胞同士のつながりが強くなり、抵抗力を高めてくれます。

コンドロイチンの解説サイトの紹介。

コンドロイチンの効果を解説。

膝や関節に欠かせないコンドロイチンの効果を解説しています。グルコサミンとの関係も解説しています。

コンドロイチンとグルコサミン

コンドロイチンは、グルコサミンと非常に関係が深い栄養素です。
二つの栄養素を同時に摂取することで、軟骨を再生させる効果が飛躍的に向上します。

これは、コンドロイチンの軟骨を保護する効果と、グルコサミンの軟骨を再生する効果が相乗効果により向上するためです。

単栄養素を摂取するよりも、非常に効率がよくなるので、意識して同時に摂取するようにしましょう。

栄養素の解説に戻る。

Copyright(C)2004 「アドバイザーが教える、サプリメントの選び方講座。」 All rights reserved.