DHAの効果。

魚などの食品に多く含まれるDHAですが、
脳を活性化させる効果から、子供から大人まで
サプリメントでも大人気です。
効能などを分かりやすく説明しています。

DHAとは

不飽和脂肪酸として、EPA(エイコサペンタエン酸)と同様に、DHAは人が健康的に生きていく上で欠かす事が出来ない栄養素で、青魚やマグロといった魚に多く含まれています。

日本語名ではドコサヘキサエン酸と呼ばれていますが、DHAの方が良く耳にするかと思います。

DHAの特徴はなんといっても、脳を活性化させる働きで、赤ちゃんから高齢者まで常に摂取しておきた栄養素のひとつです。

DHAの効果の解説

では、青魚に多く含まれているDHAが具体的にどのような効能があるのか紹介していきましょう。

脳を活性化

DHAは、脳内にある神経伝達細胞であるシナプスの材料となるだけでなく、これらの細胞を活発化させる働きがあります。
最近の研究で、認知症を予防・改善する事が実証されたとても優れた栄養素です。

動脈硬化の予防

DHAは、血液の粘りの原因となる中性脂肪や血中コレステロールを低下させる働きがあります。
このような効果から、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病を予防する事が報告されています。

花粉症の予防

アトピーと同様、花粉症はアレルギー疾患です。
DHAは、鼻水の原因となるアレルギー物質を抑制する働きがあるといわれています。

DHAの解説サイトの紹介。

DHAの効果を解説。

話題沸騰のDHAの効能や、食品やサプリメントを利用した上手な摂り方など、初心者から上級者まで納得出来る情報を発信しているサイトです。

DHAとEPA

同じ不飽和脂肪酸であるEPAとDHAは、まさに兄弟と呼べるに等しい間柄です。

血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を低下させる事や、アレルギー反応を抑える働きなど、連携して働いています。
この為、同時に摂取するとより効果を高める事が言われています。

また、ビタミンEと同時に摂取する事でDHAの酸化を防ぐことが出来る為、より効能を長く持たせることができます。

栄養素の解説に戻る。

Copyright(C)2004 「アドバイザーが教える、サプリメントの選び方講座。」 All rights reserved.