ビタミンB群の効果と種類。

葉酸とB12というのは実はビタミンBのひとつの種類なのです。
8種類あり、それぞれがいろいろな食品に含まれています。
ビタミンBのその特徴的な働きを詳しく紹介します。

ビタミンB群とは

最初は1つの栄養素だと考えられていたビタミンB群、その後の研究で、いくつかの栄養素が集まっている事がわかり、現在は8種類に分類されています。

日本人が発見したことで有名なビタミンB1や妊娠時に需要とされている葉酸などが代表的なものです。

その8種類を総称した呼び名がビタミンB群で、その他にも色々な栄養素が集まっていることから、ビタミンB複合体とも呼ばれています。

ビタミンBの種類と効果の解説

豚肉などの食べ物に含まれるビタミンB群ですが、その種類と、簡単なそれぞれの効果を紹介しておきます。
よく学び、あなたの健康に役立ててください。

ビタミンB1

糖質を分解して、エネルギーにしやすくしてくれるので、疲労回復に役立ちます。ビタミンB1は、脚気を予防する栄養素としても有名です。
日本人が発見したことでも有名です。

ビタミンB2

脂質を分解する働きをする事で、余分な脂肪を発生させにくくし、ダイエットを手助けしてくれます。ビタミンB2は子供の成長にも重要です。

ビタミンB6

脂質を分解する働きがあり、余分な脂質が原因のにきびや肌荒れに有効です。ビタミンB6は、妊娠中毒症や、つわりを緩和してくれたりもします。

ビタミンB12

血を作る事に深く関わっており、葉酸と共同で悪性貧血を予防します。ビタミンB12は、脳神経の活性化にも有効です。

葉酸

赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクをかなりの割合で低減してくれます。葉酸は妊婦さんにも、赤ちゃんにも必須の栄養素です。

ナイアシン

アルコール分解を助けてくれるので、二日酔いなどに有効です。統合失調症や糖尿病にも有効だといわれています。

パンテトン酸

コラーゲンを生成する働きを助けているので、肌や髪を美しく保つのに重要です。また、パントテン酸は、ストレスに対抗する事でも有名で、抗ストレスビタミンとも呼ばれています。

ビオチン

アトピー性皮膚炎を改善する事で有名です。血糖値を下げる効果もあるので、糖尿病にも有効だと考えられています。

ビタミンBの解説サイトの紹介。

【ビタミンBの効果】やサプリメントの比較。

8種類全てのビタミンBの効果と摂取量などを解説しています。簡単レシピも紹介しています。

栄養素の解説に戻る。

Copyright(C)2004 「アドバイザーが教える、サプリメントの選び方講座。」 All rights reserved.