ビタミンEの効果。

テレビやCMなどでもよく耳にする、ビタミンEですが、
不妊などにも効能を持っています 。
わかりやすく記載していますので、参考にしていただき
食べ物からのビタミンE摂取に役立ててください。

ビタミンEとは

脂溶性ビタミンの一種であるビタミンEは、トコフェロール (tocopherol) とも呼ばれ、医薬品、食品、飼料などに疾病の治療、栄養の補給、酸化防止剤として広く利用されているビタミンです。脂溶性のため、過剰摂取による副作用には十分に気をつける必要もあります。

ネズミの不妊を予防する物質として発見された経緯があり、「トコフェロール」と言うビタミンEのもうひとつの呼び方は、出産を意味する言葉なのです。

野菜などの食材よりも、穀類などの食べ物に多く含まれており、ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っていて、若返りの栄養素としても有名です。

ビタミンEの効果の解説

では、ビタミンEが具体的にどのような効能があるのか紹介していきましょう。
しっかりとした効果を知り、健康に役立ててください。

血液をさらさらに。

悪玉コレステロールの酸化を抑制することで、血小板の血管への粘着を防ぐ効果があるため、血液がサラサラになります。

抗酸化作用(活性酸素の除去)

代表的な抗酸化物質はビタミンA・C・Eです。生活習慣病を引き起こすとされる活性さん居の除去に効果を発揮します。

更年期障害の緩和

ビタミンEが女性ホルモンの分泌を助けることで、更年期障害の症状や不妊の予防・改善を行います。男性ホルモンの分泌とも密接に関わっており、精力減退などにも効果が期待出来ます。

肌のアンチエイジング

活性酸素を除去する働きがあるビタミンEは、紫外線により発生する活性酸素にも効果的で、無色メラミンの働きを助け、しみ・しわなどを予防し、若さを保ってくれます。

ビタミンEの解説サイトの紹介。

【ビタミンEの効能】とサプリメントの選び方。

更年期障害や抗酸化作用など、ビタミンEがもつ効果を解説しています。簡単レシピやサプリメントの選び方も紹介しています。

ビタミンEの抗酸化作用

酸化に抵抗する作用と書く、抗酸化作用の働きは、まさに字の通りです。鉄などが腐食するのと同じように人間の体も酸化し続けています。

体を酸化させているのが活性酸素というものなのですが、ビタミンEはその活性酸素を撃退してくれるのです。人間の体が酸化すると言う事は、老化現象につながります。

人体の老化を防ぐビタミンEは、まさに若さのビタミンと呼ばれるのにふさわしい働きを持っており、美容目的のサプリメントなどにも多用されていることがその表れといえるでしょう。。

ちなみに、ビタミンE以外にも、カテキンやビタミンCやコエンザイムQ10などが抗酸化作用を持っています。

栄養素の解説に戻る。

Copyright(C)2004 「アドバイザーが教える、サプリメントの選び方講座。」 All rights reserved.